社会保険労務士とは?

これからキャリアアップのために資格を取ろうとされていらっしゃる方へ、ご参考までに社会保険労務士についてご紹介してみたいと思います。
社会保険労務士は、社労士や労務士などとも呼ばれておりますが、国民年金法、厚生年金保険法、労働基準法、雇用保険法などについて勉強をします。
主に労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所などに提出をする申請書や届出書、報告書、審査請求書、異議申立書、再審査請求書などの書類を作成して、提出手続きの代行をすることが業務内容です。
企業の健全な発展とそこに働く労働者達の福祉を向上させていく役割を担っております。
社会保険労務士は、労働、社会保険に関する法律や人事、労務管理のエキスパートとして、人事労務管理のコンサルティングをおこなったりします。
これからの高齢化社会や年金の不安、労働形態の多様化などの時代に需要が広がってくる資格だと言えます。
この資格はその他の資格と比較しても女性がおそよ30%と高くなっており、女性の間でも注目度が高くなっております。