国民健康保険を使って出来ることがあります。<国民健康保険で出来ることについて>子どもが生まれた時には申請手続きをすることで「出産一時金」が貰えます。※家族が寝たきりになるなどして訪問看護を利用した時は「訪問看護療養費」を貰えます。※移送費が掛かった時には「移送費」が貰えます。更に高度先進医療を受けたい時、歯の治療を受けたい時、入院する際の室料などについては差額分を払えばより良い環境で医療を受けることが可能です。

また「高額療養費」に1ヶ月間に支払った医療費の自己負担額があまりに高額の場合ですと、払い戻しをしてくれる制度もありますよ。国が認めている特定疾患で長期療養した時は、「特定疾病療養受領証」を病院で提示することで、1ヶ月1万円の自己負担だけで済みます。いずれの場合にしても、市区町村の国民健康保険担当窓口で申請手続きを行わなければ利用することが出来ません。注意してくださいね。

※ 「美容整形」、「正常分娩」の場合は、国民健康保険で医療を受けることが出来ません。※(注意):仕事中になった病気やケガでも「労災保険」の対象なので国民健康保険は対象外となります。※(確認)l歯の治療、高度医療でも健康保険の対象外となっているものがあります。その場合、自由診療となる為、自分で費用を支払わなければいけませんよ

関連ページ